» 投資用金貨の金の純度

投資用金貨の金の純度

一般的な投資用金貨は、24K、22Kの二種類に分類されます。
24Kというのは全体の99.99%が金でできており、純金で出来ています。

一方、22Kの金貨は全体の91.67%が金で出来ており、そのほかに銀や銅などが含まれていることがあります。
24Kの金貨の場合は純金なので、金本来の輝きや質感を楽しむことができます。
しかし金の金属の性質であり弱点でもある、やわらかすぎて傷がつきやすいという点もあります。
しかし22Kの金貨のほうは傷がつきにくいように、銀や銅などを混ぜ合わせて硬度を高めて耐久性を上げています。
金が含まれている、含有量に関しては24K、22Kの金貨両方とも同じです。
ですが22Kの金貨のほうが金以外の銅や銀などを混ぜているため重みが増しています。

LINK