» 金の特徴

金の特徴

金は、主な金鉱山の場所として、南アフリカ、アメリカ、カナダ、オーストラリアといった場所があります。
ですが、1トンという重量の金鉱石からは、平均で約3gから5g程度の金しか採取をすることができないものです。
これまでに人間がどのくらいの金を採取してきたのかといえば、約12万トンになるといわれています。

これは、実に長さ50mのオリンピックプールの二杯分にあたるといわれています。それに対して、現在残っている金の総量というのは、採掘量の半分以下の約5万トンであるといわれています。

金は、純粋な状態であると酸素やほとんどの化学物質に対して反応を起こすことがないものです。空気中、水中においてまったく変化をするということがなく、錆びることもありません。また、純金というのはとても柔らかいという性質を持っているものです。伸ばすこともでき、1グラムでも約3000メートルほどにまで伸ばすこともできるのです。よく工芸品などに使われている金箔も、この薄く延ばすことができる性質を利用してつくられています。

おすすめLINK