» 金の主要産出国

金の主要産出国

2008年の時点で、金の生産国の上位10位は次のようになっていました。

一位 中国
二位 米国
三位 南アフリカ

四位 オーストラリア
五位 ロシア
六位 ペルー
七位 カナダ
八位 インドネシア
九位 ガーナ
十位 ウズベキスタン

金の生産国としては、南アフリカはこれまでもトップとして君臨していました。
金のイメージといえば、やはり南アフリカが強いのではないかと思います。
ですがこれは2007年になると、中国によって追い越されることとなり、生産量でも消費量でもともに中国が一位となります。