» プラチナの純度(品位)

プラチナの純度(品位)

ISO9202, JIS H6309によって、金、銀、パラジウムと同じく、ジュエリーに使われる白金合金の純度は、千分率‰(パーミル)によって表現されています。
そこには、Pt950, Pt900, Pt850という三つの規格の三つの区分があります。日本では、宝飾品として販売されるような白金の純度については、ここにまたPt1000という区画を加えた、四区分が一般的になっています。

ISO、社団法人日本ジュエリー協会においては、プラチナジュエリーといえるものはPt850以上のものであると決めています。造幣局での品位証明区分でも、この四区分は採用されているものです。最近では地金の価格が高騰をしていますが、それによって本来はK18の純度であるところのPt750、K14であるPt585、Pt505といった製品が、実際に市場に供給されてしまっているという事態になり、これが問題を起こしています。海外においてもこのような傾向があります。物品税の撤廃が行なわれるまでには、Pt700以下というような製品も多くはないものの存在しており、製造が行なわれていました。白金合金の品位低ぢについては、千分率で行なわれるということが普通です。しかし、これは他の金属の百分率との混同されてしまう場合もありますし、これを利用して意図的に錯覚を起こす目的をもつ、Pt100製品なども存在しています。

リンク