» 白金とホワイトゴールドの違い

白金とホワイトゴールドの違い

ホワイトゴールド、というのは、直訳をすれば白金ということになります。
しかし、これは白金というものとホワイトゴールドが同じものであるという意味ではありません。

まったく別の金属になりますので、覚えておきましょう。最近では、白金と言う言葉はあまり聞かなくなってきているかもしれません。白金は、プラチナという金属になります。それに対してホワイトゴールドというのは、金に対して他の金属を混ぜることによってつくっている、合金ということになります。
18金の場合、金の純度は75%程度になりますので、そのほかの25%の割合で、別の金属を混ぜることで合金にしています。そのとき、どういった金属を混ぜるのかによって、その合金の色が変わることになるのです。ホワイトゴールドと呼ばれる合金は、ニッケルや銅や亜鉛を加えることによって、その合金を白っぽい色にしています。それ以外には、銅だけを加えることで赤っぽい色、銀を加えることによって緑がかった黄色、そしてピンク色の金なども生み出すことができます。

趣味サイト